【奏者プロフィール】

【大林 恵美】(フルート)
・東広島市出身。くらしき作陽大学音楽教育学科音楽療法専修を卒業。
・その後渡仏し、パリ・エコール・ノルマル音楽院フルート科、パリ地方音楽院
室内楽科にて最高位となるコンサーティスト課程を卒業。
・2014年パリ・プロディジュ・アートコンクール第1位、2015年フランス・
クレドール国際コンクール第3位。
・これまでにフルートを森川文絵、末原諭宜、工藤重典、工藤雅子、キャトリーヌ・カンタン、
ミシェル・モラゲス、室内楽をクロード・ルロン、エマニュエル・ストロッセの各氏に師事。


【森川 文絵】(フルート)
・エリザベト音楽大学器楽学科フルートコース卒業。
・1989年より2年間 オーストリア・ウィーン市立音楽院に留学。
・1989年「KAMMERMUSIK FESTIVAL」夏季国際アカデミー修了。
・1990年 チェコスロバキア ブラチスラバ音楽院ホールでのコンサートに出演。
・帰国後は、オーケストラ・室内楽・ソロ活動の傍ら、後進の育成にも力を注いでいる。
・フルートを、故竹本博氏、G. ヘヒトゥル氏、伊藤公一氏、各氏に師事。
・現在、ワタナベミュージック・ラボ講師、広島バロック研究会メンバー、ファルベフルートスタジオ主宰。