4月にオープンした「神應院うてな文庫」

幼稚園もあるから、子どもたちは少しずつ来てくれるだろうと予想していましたが、やはり現実は厳しく、なかなか子どもたち、大人の方の訪れはありません。

とにかく続けることだと思っていますが、その心細いときに心配して駆けつけて下さる小林いづみ先生、文庫が寂しくてはいけないからと訪ねて下さる婦人会の皆さまの思いに感謝するばかりです。

そんな中、2回目の訪問をして下さった親子さん。

一緒に初めてお越し下さった親子さん。

びっくりしたのは「お寺のホームページを見て来ました」と言われた男の子の親子さん。

いろんな絵本を出して「読んで」というリクエストに応えて、紙芝居や絵本をたくさん読んだ一日でした。

文庫を始めて良かったと、つくづく思っています。

少しずつでも地域に馴染んでいけることを願っています。

自分が選んだ好きな本です。

みつけた!乗り物大好き!

たくさん絵本や紙芝居が出て来ました。

 

うてな文庫の今後の予定

カレンダーを見る →月間カレンダー

 

小林いづみ先生のブックトーク

3月31日(日)にうてな文庫のプレオープン行事として、小林いづみ先生のブックトークを行いました。
「年齢にあった絵本の選び方」という内容で講座を進めて頂きましたが、講座に出てくる絵本を
手に取って後で確認することが出来るように会場にも展示しました。

子供にとって、お母さん、お父さん、読んでくれる生の人の声が大切であること。
それは、AIがどんなに発達しても代われるものではないこと。
字が読めるようになっても、語りを聴くことが心を豊かに、イメージを膨らませていくことに繋がって行くこと。
沢山の興味深いお話しでした。
最後に、小林いづみ先生のストーリーテリング『とりのみじい』を味わいました。

うてなハウスの行事案内

日時 7月21日(日)11時から12時まで

場所 神応院境内 神應院うてなハウス(呉あそか幼稚園旧園舎1F)

内容 「夏休み親子で楽しもう!本の世界」

~絵本から児童書、大人も子どももワクワクする物語の紹介~

講師 小林いづみ先生

参加費 500円(お菓子とドリンク付き)

申込 神應院 ☎ 0823-21-4491

締切 7月19日(金)

絵本というと、子供のもの
児童書というと子供向けに書かれたもの
何となく線引きされたようでつまらない。
思い切って、その線を踏み越えてみませんか。
いろんな楽しいことを
あなたは、きっと発見するでしょう。
声に出して子どもたちに本を読んであげる。
じっくりと、自分自身が子どもの頃に読んだ物語を読み返してみる。
夏休みは、親子が一緒に物語の旅に出る絶好のチャンスです。
小林いづみ先生のブックトーク、是非お越し下さい。
どなたでもご参加いただけます。